<話題の焦点>=値下げか値上げか、ファストフード業界の明日はどっちだ

 吉野家ホールディングス<9861.T>が18日、牛丼並盛りの通常価格をこれまでより100円安い280円に値下げした。牛丼価格を280円にするのは2004年以来9年ぶりのことで、ライバルのゼンショーホールディングス<7550.T>の「すき家」や松屋フーズ<9887.T>の「松屋」と同じ価格となり、今後、牛丼大手の競争がいっそう厳しくなることが予想されている。

 一方、値上げに踏み切ったのは日本マクドナルド<2702.OS>だ。吉野家HDが値下げをした同じ18日に、ハンバーガーなどの主力商品を5月7日から値上げすると発表した。100円台の低価格の新商品も加わり単純な値下げとはいえないが、さらに地域限定で値上げを行う動きもみられ、低価格路線からの脱却を狙う動きがみられる。

 両社はかつて業界の値下げ競争を牽引し、「デフレ関連銘柄」の代表格といわれたこともあるが、価格を下げたことによる集客増の効果は一時的で、価格を上げると客離れが起き業績が悪化した苦い経験がある。今回の値下げ/値上げのどちらが功を奏するか。ファストフード業界にとっても大きな転換点を迎えているといえ、投資家ならずとも興味をひかれるところだろう。

◆主なファーストフード関連銘柄

マクドナルド<2702.OS>  ハンバーガーの最低価格を5月から120円(従来100円)に値上げ
三光Mフーズ<2762.T>  牛丼チェーン新勢力。「東京チカラめし」の出店加速
トリドール<3397.T>   低価格のセルフ式うどん「丸亀製麺」を全国展開
ゼンショーHD<7550.T> 「すき家」を展開。牛丼並盛価格280円、期間限定で値下げを実施
幸楽苑<7554.T>     低価格ラーメンチェーン「幸楽苑」を展開。中華そばは290円
ハイデイ日高<7611.T>  「熱烈中華食堂日高屋」を展開。中華そばは390円
松屋フーズ<9887.T>   「松屋」を展開。牛丼並盛価格280円、期間限定で値下げを実施

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)