新興市場(大引け)=ジャスダック平均、マザーズ指数とも6日続伸で高値

 24日大引けの新興市場では日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数とも6日続伸、年初来高値を更新した。
 日経ジャスダック平均は前日比29円45銭高の1966円37銭。
 ビーイング、アイサンテク、ジェイテック、東北化学、スーパーバリュー、東洋ドライ、ぱど、ケイブ、ジョルダン、J・TEC、ガンホーなどストップ高が続出、カイノスなども賑わっている。半面、プロルートやサクセスHDが急落、MAGネットHDが3日続落となり、いちごHDなども軟調。
 東証マザーズ指数は前日比49.79ポイント高の808.00。
 メディビック、ピーエイ、キャンバス、ユーグレナがストップ高、タカラバイオ、DNA研やカイオムを含めてバイオ関連株も賑わっている。半面、メッツが反落、ジアースが続落となりJストリームやAMIなども軟調。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)