四国化成の14年3月期の営業利益55億円見通し、前期比4.5%増

 四国化成工業<4099.T>が24日、13年3月期の連結決算と期末配当の増配を発表、また14年3月期の業績見通しを発表した。13年3月期の売上高は前の期比4.0%増となる425億200万円、営業利益は7.0%増の52億6200万円、最終利益は17.9%増の31億9900万円だった。ラジアルタイヤ向け原料である不溶性硫黄は輸出が好調に推移、ファインケミカル部門も水溶性防錆剤の輸出が伸びている。また、建材事業はエクステリアが新設住宅着工の回復傾向に伴い建築需要が増加、住宅分野、景観分野ともに前年を上回る水準で推移した。なお、13年3月期の期末配当を従来予想の5円から6円に1円上乗せし、年11円配(前の期は10円配)とすることも発表した。また、14年3月期の見通しについては売上高が前期比5.9%増の450億円、営業利益は4.5%増の55億円、最終利益は3.2%増の33億円を計画している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)