明星工が13年3月期業績見込みを上方修正、LNG関連工事の堅調が牽引

 明星工業<1976.T>がこの日の取引終了後、集計中の13年3月期連結業績について、従来予想の売上高390億円、経常利益20億5000万円を下回り、売上高415億円(前の期比11.6%増)、経常利益29億5000万円(同58.5%増)になりそうだとの上方修正を発表した。国内外におけるLNG関連工事など堅調に推移したことに加えて、営業費用の圧縮や、為替の円安の進行に伴う為替差益の発生などが収益を押し上げたとしている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)