図研が反落、カスタム開発増加で原価率が悪化し13年3月期業績見込みを下方修正

 図研<6947.T>が反落。24日の取引終了後、集計中の13年3月期連結業績について、従来予想の売上高180億円、経常利益7億7000万円を下回り、売上高179億円(前の期比1.9%減)、経常利益4億9000万円(同50.1%減)になりそうだとの下方修正を発表したことを嫌気。売上高は概ね想定通りとなったものの、カスタム開発売り上げの増加で原価率が上昇し、これが利益を圧迫したとしている。ただ、業績の下方修正は織り込み済みとの見方もあり、下値には押し目買いも入っている。

図研の株価は9時22分現在698円(▼4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)