大型イベント前だが水準と指標結果に注意

大型イベント前だが水準と指標結果に注意
ドル/円は昨日も99円台後半で上値が重く推移した。

本日も引き続き、100円突破を常に意識しながら断続的に上昇を試す展開となるだろう。

明日26日には日銀の金融政策決定会合や米第1四半期国内総生産(GDP)・速報値の発表を控えており、ある程度手控えムードは拡がると考えられるが、本日の米国では新規失業保険申請件数(21時30分発表)や米7年債入札(26時)が予定されており、その時のドル/円の水準と経済イベントの内容次第では100円を突破する可能性もあるため、要注意だ。