カワチ薬品が大幅反発、14年3月期は2ケタ増益予想

 カワチ薬品<2664.T>が大幅反発。24日の取引終了後に本決算を発表しており、14年3月期の連結業績は売上高2500億円(前期比7.9%増)、経常利益107億円(同19.0%増)と2ケタ増益見通しを好感。ドミナントエリアの強化を積極的に進めるため18店舗の出店を予定しているほか、調剤薬局を基幹店舗に10件併設する予定で、これらが業績を押し上げるとしている。
 また、13年3月期連結業績は、売上高2316億5700万円(前の期比4.2%増)、経常利益89億9000万円(同15.0%減)となった。15店の新規出店を行ったほか、調剤薬局14件を既存店に併設し売上高は増加したが、低価格志向や節約志向に対応するための価格競争が激化しており、これが収益を圧迫した。

カワチ薬品の株価は10時48分現在2192円(△132円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)