ADプラズマが5日続伸、業績底入れで0.5倍のPBRを意識

 アドテック プラズマ テクノロジー<6668.T>が5日続伸。4月15日に急騰で13万9500円の高値をつけた後は調整を入れたものの、ここにきて売りをこなし再び上値を指向する展開だ。同社は半導体製造現場向けに高周波プラズマ電源装置を手掛けており、その技術力から商品シェアは世界屈指。半導体メーカーの設備投資意欲の底入れがフォローウインドとなっているほか、医療機器向けに特殊電源の需要も伸びている。12年9月~13年2月期の連結経常損益は増収効果や為替の円安恩恵で、従来予想より赤字幅が半減、業績回復期待から短期資金の物色ターゲットとして意識されている。業績底入れから赤字脱却が確認されれば、0.5倍弱のPBRなど割安感が浮き彫りとなる。

プラズマの株価は11時30分現在12万3100円(△1800円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)