芝浦が後場一段高、14年3月期は経常黒字転換見通し

 芝浦メカトロニクス<6590.T>が後場一段高。一時前日比29円高の244円まで買われている。午後1時頃に本決算を発表しており、13年3月期は売上高303億9900万円(前の期比22.8%減)、経常損益3億5800万円の赤字(前の期1億3300万円の赤字)と赤字幅が拡大して終わったが、14年3月期は売上高430億円(前期比41.4%増)、経常利益10億円と経常黒字転換で大幅改善を見込んでいることが好感されている。引き続きスマートフォンやタブレット関連の設備投資拡大が予想されることから新製品投入などで売上高の拡大を図るほか、半導体市場で微細化関連装置の投資堅調が予想されることから同分野での売り上げ拡大を図る方針。さらにコスト構造改革と固定費の削減を進め利益率の向上を図る方針だ。

芝浦の株価は13時39分現在238円(△23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)