中央発条が後場急伸、前3月期経常利益が予想を大きく上回り期末4円配当実施

 中央発条<5992.T>が後場に入って急伸、前日比37円高の371円まで上げ幅を広げた。きょう午後2時過ぎに発表した前13年3月期決算の連結経常利益が前の期比58.0%増の25億400万円と前回予想11億円を大きく上回り、未定としていた3月期末配当を4円としたことが好感された。利益上振れの要因は為替差益10億6500万円を営業外収益に計上したためで、配当は中間、期末合わせて年8円とし、前年同期の7円から1円増配になる。

中央発条の株価は14時40分現在356円(△22円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)