午後:債券サマリー 先物は反発、2年債入札は無難にこなす

 25日の債券市場では、先物中心限月6月限は反発。この日は2年債入札が実施されたが、ほぼ無難にこなされた。後場の先物は一時144円83銭まで上昇する場面があった。
 2年債(第328回債、クーポン0.1%)入札の最低落札価格は99円94銭5厘(利回り0.127%)、平均落札価格は99円94銭8厘(同 0.126%)だった。テール(平均落札価格と最低落札価格の差)は3厘で応札倍率は5.27倍だった。この日の入札に関しては、無難にこなされた格好だ。あすは日銀金融政策決定会合がある。また、同時に「展望レポート」が発表される予定であり、今後の物価見通しの内容などが市場からは注目されている。
  この日の先物6月限は144円68銭で始まり、高値は144円83銭、安値は144円63銭、終値は前日比12銭高の144円73銭。出来高は1兆7449億円。10年債の利回りは前日比0.015%低下の0.580%、 20年債は同0.005%上昇の1.485%、30年債は同0.010%上昇の1.610%だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)