新興市場(大引け)=ジャスダック平均、マザーズ指数とも7日続伸で高値

 25日大引けの新興市場は日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数とも7日続伸、年初来高値更新となった。
 日経ジャスダック平均は前日比12円12銭高の1978円49銭。
 後場から買い気が盛り上がる展開で、アエリア、ビーイング、高見沢サイ、アイサンテクノ、ジェイテック、DWTI、テックファーム、T&CHD、ガンホーなどがストップ高、 澤田HDは年初来高値を更新した。半面、ODK、日本サード、木徳神糧が急落、イナリサーチやサクセスHDなども値を崩した。
 東証マザーズ指数は前日比20.21ポイント高の828.21。
 カービュー、キャンバス、カイオム、サイオス、JMNC、モルフォなどがストップ高、GTSが年初来高値更新、MCJなども値を飛ばしている。半面、日本アジアG、コロプラが急落、比較やイーブックなどは軟調。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)