シロキは前期経常43%の大幅減益も前回予想上回る

 シロキ工業<7243.T>は25日取引終了後に発表した前13年3月期連結決算の売上高は前の期比0.6%減の1098億5000万円、経常利益42.8%減の30億6300万円と減収大幅減益になった。エコカー補助金の打ち切りや中国の自動車需要減退で収益が大きく悪化したが、円安効果で前回予想は上回った。今14年3月期も海外メーカーとの価格競争が激化するなど事業環境はさらに厳しくなると見ており、売上高は前期比2.9%増の1130億円、経常利益44.5%減の17億円と増収ながら大幅減益を予想。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)