【売り】富士フィルム<4901>ゆるやかな上昇トレンドだが=フェアトレード平山修司

インフォメーションソリューション事業が苦戦
1月29日に発表した第3四半期決算では、IT機器需要低迷によりWVフィルムの売上が減少したことや業務用ビデオの総需要が低迷し、記録メディアの売上も減少した。内容の良くない決算内容だったものの、好調な株式市場が底支えし、4月中旬に株価は2,000円を超え、堅調な展開となっている。しかし、同社の5月の株価動向を検証したところ、5月は株価が下落しやすい傾向が見られたため、売りのスタンスとしたい。

勝率:17.39%
勝ち数:4回
負け数:19回
引き分け数:0回