GCAが大幅続落、1~3月期業績好調も“ファンド事業以外”は冴えず

 GCAサヴィアン<2174.T>が大幅続落。同社は25日、13年1~3月期連結決算を発表。売上高は107億1900万円(前年同期比4.4倍)、経常利益は26億1600万円(同3.3倍)と大幅増収増益となった。ファンド事業で2件の優先株式投資の回収があり、売上高・利益とも膨らんだ。ただ、株価は4月初旬からの上昇で好業績をある程度織り込んでおり、主力のアドバイザリー事業は日・米両拠点においてクローズのタイミングによる一時的な案件の減少もあって減収、ファンド事業を除いた業績では減収・経常赤字となったことが嫌気された格好だ。

GCAの株価は9時37分現在1199円(▼92円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)