<後場の注目銘柄>=環境管理、「PM2.5」対策で見直す

 環境管理センター<4657.OS>は3月11日に1734円の年初来高値更新後に下落基調が続いていたが4月16日の712円を底に出直る動きで注目したい。

 ダイオキシンなど超微量分析に強みを持つ環境総合コンサルタントで中国からの飛来で問題となっている大気汚染物質「PM2.5」では東京都から「大気中微小粒子状物質採取及成分析調査委託」として継続的に受注しており、公的機関からの信頼は厚い。

 被災地での本格除染に伴う放射能測定やアスベスト測定など、復旧・復興に向けた環境調査も手掛けており、集計中の前3月期は営業利益で1億5000万円(前々期実績1億2500万円の赤字)と黒字転換の予想。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)