平和は上値慕う、パチスロ注力で業績拡大期待

 平和<6412.T>は87円高の2128円まで買われ連日の年初来高値更新。買い一巡後は利益確定売りで値を消す展開。昨年末に上放れ、上値を慕う基調が継続している。パチンコ大手で名高い存在だが、ここにきてパチスロへの注力で業績拡大期待が強まっている。完成度の高さに定評ある「猪木」シリーズの新商品がホールに導入人気となっているほか、今後は「ルパン三世」シリーズなど大量のキラーコンテンツでの攻勢が期待されている。人員増員で開発力を強化中にあり、14年3月期の業績拡大期待が高まるところだ。買収したゴルフ場大手のPGMホールディングス<2466.T>はアコーディア・ゴルフ<2131.T>の買収に失敗したものの、次の一手も注目される。カジノ関連の切り口や、PER8倍台の割安さも魅力だ。

平和の株価は13時15分現在2060円(△19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)