大東建託が6日ぶり反落も〝信用倍率1倍割れ銘柄〝として注目

 大東建託<1878.T>が6日ぶりに反落。きょうは利益確定売りに押されているものの、4月2日年初来安値7490円示現後は急速に切り返し、きのうは年初来高値9090円をつけ、めまぐるしい足取りとなっている。この乱高下のなか信用取組が急改善、4月5日の3.6倍から4月19日には0.9倍になるなど、買い戻しによる踏み上げを意識させる内容となった。東証1部大型株のなかでは数少ない信用倍率1倍割れ銘柄の一つとなっており、好地合い継続となれば需給妙味が増幅しそう。堅調な業績推移も後押し材料となる。

大東建託の株価は13時51分現在8960円(▼40円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)