ショーボンドHDが4000円乗せ、社会インフラ補修関連で人気化

 ショーボンドホールディングス<1414.T>が大幅高。株価は一時、前日比290円高の4195円まで買われた。同社株の4000円乗せは、2008年1月に持ち株会社化し株式上場してから初めて。東日本、中日本、西日本の高速道路3社が道路の老朽化対策に「5兆~10兆円」が必要との試算を発表したことを受け、橋梁など社会インフラ補修工事の最大手である同社株が物色されている。株価は1月から3月にかけ調整を続けていたが、ここへきて一気に上放れに転じており、新上昇波動入りが鮮明になっている。

ショーボンドHDは14時8分現在4140円(△235円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)