ダントーHDが高い、需給思惑を背に水準切り上げる

 ダントーホールディングス<5337.T>がジワリと水準を切り上げてきた。同社は外装や内装床タイルなどを手掛けており、ここにきての住宅着工件数の回復を背景に収益環境は順風に変わりつつある。業績は経常赤字が続くなど厳しい局面にあるが、一方で自己資本比率が71%と財務面は強固、株式需給面からの思惑も根強い。チャートは5日・25日移動平均線のゴールデンクロス示現が近づいており、テクニカルでは短期資金の追随買いを誘うタイミングだ。「株価が150円を下回る水準で値ごろ感もあり、ここ大口買いが継続的に観測されている」(中堅証券)という指摘も。

ダントーHDの株価は14時3分現在137円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)