オークマの14年3月期連結純利益は18.5%増、工作機械の受注増を見込む

 オークマ<6103.T>は26日、2014年3月期の連結業績は経常利益が前期比17.9%増の120億円、純利益が同18.5%増の90億円との見通しを発表した。NC旋盤のほか、マシニングセンタ、複合加工機などの売り上げが伸びる見通し。通期受注高は1470億円(前期比18.7%増)が予想されている。為替レートは1ドル=99円、1ユーロ=127円に置かれている。
 13年3月期の連結経常利益は前の期に比べ0.2%減の101億7500万円、純利益は同8.9%減の75億9300万円だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)