消費税、選挙、カジノと材料豊富な<6457>グローリー

グローリーは貨幣処理で国内高シェア
貨幣処理機の国内大手企業。コインロッカー、たばこ自販機や認証システムも手掛ける。選挙の投票用紙をすばやく分類する機械も販売することから選挙関連ともいえる。

株価展開は4月22日の週から出来高が大幅に増加。同時期に株価も週ベースで400円以上上昇した。決算発表を5月10日に控えているが、円安メリットから堅調な数字が期待できるのではないか。

信用買い残が増加している点から、株価が上がれば利確売りが出やすく、株価上昇の足を引っ張る場面もありそうだが、長らくもみあい、ようやく2000円を超えて4か月程度なので、適度な押し目を形成しながらもこの先、なお利確チャンスに恵まれるとみている。

理想的買い場は2350~2500円あたり。売り場は3000円越えを一応の目標としたい。ちなみにリーマンショック前の高値は2007年7月の4020円。当時は中国の成長力が大きな支援材料だったが、今回はアベノミクス次第といえる。

売買単元は100株。年予定配当は42円。