◎欧米外為市場サマリー

 29日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=97円73~74銭と前週末に比べ20銭強の円高・ドル安。対ユーロでは、1ユーロ=128 円03~07 銭と同20銭強の円高・ユーロ安だった。この日発表された米・3月個人消費支出などの経済指標は強弱感の対立する内容だった。また13年1~3月期の実質国内総生産(GDP)が前年比2.5%増と市場予想の3.0%増を下回ったことともあり、30日から開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和が継続されるとの見方が強まった。これを受け、円買い・ドル売りが優勢となった。ユーロは対ドルで1ユーロ=1.3098~99ドルと前週末に比べ0.0054ドルのユーロ高・ドル安だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)