OLCが反落、今期過去最高の入園者数見込むも小幅増益予想で期待感が剥離

 オリエンタルランド<4661.T>が反落。26日大引け後に前2013年3月期通期決算を発表、連結売上高3955億2600万円(前々期比9.9%増)、営業利益814億6700万円(同21.7%増)と増収増益を達成したが、続く今期は売上高4137億3000万円(前期比4.6%増)、営業利益827億8000万円(同1.6%増)と小幅な増益予想を発表したことから、期待感が剥離した動きになっているようだ。
 今期は2つのテーマパークをはじめ、ディズニーホテル、ディズニーリゾートラインなどの施設で、年間を通じて「東京ディズニーリゾート30周年“ザ・ハピネス・イヤー”」を実施、これらの効果でテーマパーク入園者数は、過去最高となる2770万人(前期比0.7%増)を計画している。円安基調が継続すれば、外国人観光客の来場者増も期待されることから、今後の上振れ期待も高まる可能性もあろう。

OLCの株価は10時32分現在1万5800円(▼330円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)