<後場の注目銘柄>=日揮、大型LNG受注相次ぐ

 日揮<1963.T>の14年3月期の予想営業利益は、大型案件の売上貢献および円安効果で、前期推定比18%増の800億円程度へと、増益が期待できそうだ。

 3月のマレーシアのビンツルLNG(液化天然ガス)プラントに加え、4月にはロシアのヤマルLNGプラントの部分受注など大型案件の受注に成功。良好な受注環境が続いており、14年3月期受注金額は、過去最高となる8000億円~1兆円水準に(13年3月期推定6200億円)に達する可能性も十分だ。

 株価は4月19日の2515円安値から上昇に転じ、26日には1月15日の2795円を3カ月ぶりに更新し年初来高値に進み、新たな上昇ステージを迎えている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)