日特塗がプラスに転じる、13年3月期を一転経常増益に修正

 日本特殊塗料<4619.T>が朝安の後、プラスに転じてきた。11時頃に、集計中の13年3月期連結業績について、従来予想の売上高332億円、経常利益14億円を上回り、売上高327億8000万円(前の期比1.7%増)、経常利益18億円(同9.3%増)になりそうだとの上方修正を好感。経常利益は15.0%減から一転して増益見込みとなる。第3四半期以降の自動車関連製品の需要減少などで売上高は予想を下回るものの、海外関係会社の業績拡大や円安の進行による受取配当金や持ち分法投資利益の好転などで経常利益は増益に転じるとしている。

日特塗の株価は12時59分現在435円(△17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)