☆「ドル/円」⇒:売りポジション確定後は、戻りを探る展開に:

■8時間足トレンドチェック
※このトレンドチェックでは、原則「平均足改良版の8時間足
 チャートを使って現在のトレンドを確認することが目的で、
「FXトレンド指南」とは異なるロジックです。

☆「ドル/円」⇒:売りポジション確定後は、戻りを探る展開に:
(第1ポジション⇒+830P達成)(第2ポジション⇒+1208P達成):
先週は中期サポートの78円80銭を割り込んだことで、売り(98.78)
目標値であった97円97銭をクリアしてプラス81Pになっています。
現在の平均足改良版は「陰線継続」ですが、はやり戻りまで引き
つけて売る流れになっています。尚、現在のレジスタンスは99.95と
高い水準になっています。

☆「ユーロ/ドル」⇒:売りポジションは「利益確定」、新規買いへ:
(第1ポジション⇒+1293P)、(第2ポジション⇒+1344P):
先日から記載している売りポジション(1.3081)は目標値の1.2962に
届きプラス119Pとなっています。その後、平均足改良版は
「陽線転換」となり、中期レジスタンも超えたことで、現在は
買い(1.3077),目標値は1.3130となっています。

☆「ポンド/ドル」⇒:平均足展開で、買い⇒利益確定に:
(第一ポジション⇒-20P)(第2ポジション⇒+1066P達成)
先週後半中期レジスタンスが「下降」を示していた状態
から、中期レジスタンを超えたことで買い(1.5332)、
目標値の1.5407に達して、プラス75Pとなっています。
現在の平均足改良版は「陽線」ですが、実体部より「下」
で推移している為、押しを探る展開になりそうです。