図書印は13年3月期連結業績予想を下方修正、出版印刷部門の減少が響く

 図書印刷<7913.T>は30日引け後、13年3月期の連結業績予想の下方修正を発表した。従来予想の売上高600億円を572億円(前の期比4.3%減)へ、営業利益5億5000万円を4億9000万円(同6.7%減)へ、純利益3億7000万円を1億9000万円(同59.7%減)へとそれぞれ減額した。 
 売上高は、商業印刷部門で、企業の広告宣伝費が回復傾向となり増加したものの、出版市場の長期低迷の影響から出版印刷部門が減少したことで下方修正となった。損益面では、売上高の減少に伴う営業利益、経常利益の減少に加え、沼津工場構造改革に伴う除却損などが増加したため、純利益が大幅に減少した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)