今週は連休の谷間で、様子見

為替は、アメリカのFOMCや4月雇用統計次第
先週の予測では、注目されたG20で日本の金融緩和策が容認されたことで円安が進み、4月SQ値13608円を突破すると13800円水準までの上昇の可能性はあるが、上値は重くなるとしました。
週明けの4月22日(月)は、99円台の円安を受けて△251の13568円となりました。翌日は▼38の13529円と一服したあと、24日(水)は欧米株式の大幅上昇と円安を受けて△313の13843円と一気に13800円台を回復しました。さらに25日(木)は先物主導で△82の13926円となり、週末の26日(金)は一時13983円と14000円にあとわずかに接近しましたが、▼41の13884円で引けました。先高観から先物主導で上昇しており、5月10日のSQに向けて14000円台を狙う動きが出ているようにみえます。そうなれば、目標達成感が出る可能性があります。
今週は、大型連休の谷間で様子見ムードの可能性があります。先週末は円高にふれており、日経平均の上値は重たいものと思われますが、そうなると個人主体の材料株やテーマ株への物色となるでしょう。
GW前半の3連休明けの30日(火)は、前場は円高で13778円まで下げましたが、証券・銀行株などの内需関連株が下支えし、大引けは▼23の13860円で引けました。