電算システムが1対2株の株式分割を発表、同時発表の第1四半期決算は大幅増益に

 電算システム<3630.T>この日の取引終了後、6月30日時点の株主に対して1対2株の株式分割を実施すると発表した。効力発生日は7月1日。投資単位当たりの金額を引き下げることで株式の流動性の向上と、投資家層の拡大を図ることが狙いとしている。
 また同時に発表した第1四半期(1~3月)連結決算は、売上高57億7500万円(前年同期比3.7%増)、経常利益2億8200万円(同84.8%増)となった。情報処理サービスで郵便局関連の情報処理サービスやガソリンスタンド向け処理などが売上増に貢献したほか、収納代行サービスも新規取引先の獲得が順調に推移したことも寄与した。
 なお、13年12月期通期業績予想は売上高253億円(前期比8.3%増)、経常利益10億1000万円(同8.8%増)の従来予想を据え置いている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)