荏原が前3月期連結業績を大幅増額、最終利益150億円見通しに

 荏原製作所<6361.T>は30日、13年3月期通期の連結業績予想の修正を発表した。売上高は従来予想の3970億円から4260億円に、営業利益は225億円から250億円に、最終利益は105億円から150億円にいずれも増額している。売上高の増額は風水力事業が想定を上回って増加したことなどが主要因。また、最終利益は営業外において為替の円安差益を計上したほか、繰越税金資産の評価見直しなども寄与した。最終利益の伸び率は前の期比で5.19倍となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)