シャープが4日続落、前期最終赤字拡大5000億円規模と報じられる

 シャープ<6753.T>が4日続落。この日はきょう付の日本経済新聞で、13年3月期の連結最終赤字が5000億円規模(前の期3760億円の赤字)になったようだと報じられたことを売り材料視している。会社予想は4500億円の赤字。記事によると、液晶パネル事業の生産設備の減損処理や、カルテルを巡る和解金の支払いに備えた引当金など追加の特別損失を計上するため、会社予想から赤字幅が拡大するとしている。
 この報道に対して会社側では、「これは当社が発表したものではない。13年3月期決算については5月14日に発表する予定」とコメントしている。

シャープの株価は9時16分現在325円(▼13円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)