ユニチャムが反落、中国PMI発表前に利益確定の動き

 ユニ・チャーム<8113.T>が反落。同社は30日の昼に13年3月期の連結業績を発表、営業利益は前の期比14.6%増の594億8800万円とピーク利益を更新した。また、14年3月期見通しについても前期比17.7%増の700億円予想と2ケタ営業増益で連続ピーク利益を更新する見通し。これを好感して30日は高値6400円まで買われたが、きょうは全体軟調地合いに押されて売りが先行している。同社の業績好調は中国向けが牽引しているが、きょう取引時間中に4月の中国PMI発表を控えており、中国関連株との位置づけから先行して利益を確定する動きも出ているようだ。

ユニチャムの株価は9時41分現在6200円(▼100円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)