<前場の注目銘柄>=ナブテスコ、B787関連で上値妙味

 ナブテスコ<6268.T>は上値妙味十分、ここにきて再評価機運が膨らんでいる。同社は自動ドアで世界トップクラス、産業ロボット用減速機では世界で6割の高シェアを誇っている。

 注目材料は運行休止となった米ボーイングの「B787」に運行再開の動きが出ていることで、同社は航空機関連では油圧部品や飛行姿勢を安定させる制御システムなどに関連しているだけに人気化の可能性がある。ボーイング向けの実績を背景に、株価も再飛躍のタイミング近い。

 海外売上比率は4割強と高く円安メリットも見込める点も評価される。

 株価は2200円前後を抜ければ、上値が軽くなりさらなる一段高への可能性が高まる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)