幼児活動研が急反落、14年3月期2割強の減益見通しを嫌気

 幼児活動研究会<2152.OS>が急反落。4月30日引け後に発表の連結決算で、13年3月期は売上高54億4600万円(前の期比8.5%増)、経常利益7億5000万円d脳45.7%増)と大幅増益に終わったが、14年3月期は売上高56億5000万円(前期比3.7%増)、経常利益5億7000万円(同24.1%減)と2割強の大幅減益見通しとしていることが嫌気されている。同社は待機児童解消関連の一角として急伸し、4月25日には年初来高値6540円をつけるなど上昇が目立っていただけに、利益確定売りも出ているようだ。

幼児活動研究会の株価は12時50分現在5590円(▼410円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)