アウトソーシングが急騰、4ケタ大台活躍が目前

 アウトソーシング<2427.T>が急騰で年初来高値更新、ストップ高目前の963円まで上昇し4ケタ大台活躍の可能性が強まっている。業績絶好調で12年12月期の最終利益が前の期比で3.3倍の6億4100万円と急拡大したのに続き13年12月期も56%増の10億円を見込み、10年12月期のピーク利益7億6000万円の大幅更新が視野に入っている。また、13年12月期は配当も増額している。従来予想の年8円配(期末のみ配当)から、東証1部指定に伴い中間期に5円の記念配当を加え、年13円配当とする方針であり、これも買いを後押しする材料となっている。同社は3月12日に東証2部から東証1部への指定替えを果たしており、これに伴いファンド系資金などの組み入れ需要も株高の思惑を誘う。

アウトソーシングの株価は13時17分現在950円(△126円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)