フォーカスSが後場プラスに転じる、民間関連事業の受注が好調

 フォーカスシステムズ<4662.OS>が後場プラスに転じる。午後1時30分頃に、集計中の13年3月期業績について、従来予想の売上高120億円、経常利益3億2000万円を上回り、売上高123億5000万円(前の期比3.7%増)、経常利益4億1000万円(前の期5800万円の赤字)になりそうだとの上方修正を発表したことを好感。民間関連事業の受注が活発なほか、全社的なコスト削減が寄与したとしている。

フォーカスSの株価は13時47分現在600円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)