一休が大幅続伸、「富士山世界文化遺産登録」で利用者増の期待強まる

 一休<2450.T>が大幅続伸。ユネスコ(国連教育科学文化機関)の諮問機関イコモス(国際記念物遺跡会議)が、富士山の世界文化遺産としての条件付きの登録を勧告したことを受けて、同社の宿泊予約サイトの利用者増への期待が膨らんでいるようだ。また、足もとで円安が進んでいることによるプラス作用にも期待が強い。

一休の株価は14時3分現在17万4900円(△2万2000円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)