東電が反落、前期最終損益は損失拡大で3期連続赤字に

 東京電力<9501.T>が反落。30日取引終了後に発表した前13年3月期決算の営業、経常損益が2期連続の赤字になり、最終損益は賠償費用の増加に伴う特別損失の計上で損失が広がり3期連続の赤字になったことが嫌気された。黒字転換の鍵を握る刈谷原発の再稼働の見通しが立たないことで、今3月期も赤字が継続するとの見方も見切り売りを誘発している。東電は現時点で予想は困難として今3月期業績見通しは非開示とした。

東電の株価は14時37分現在419円(▼11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)