プラズマが上値追い、業績底入れ期待で注目度アップ

 アドテック プラズマ テクノロジー<6668.T>が上値追い歩調を強めており、市場の静かな注目を集めている。同社が手掛ける半導体製造現場向け高周波プラズマ電源装置は、高評価が定着しており商品シェアは世界屈指だ。半導体メーカーの設備投資意欲は足もと回復傾向が観測されており、今期は製造装置メーカーにとっても書き入れ時となっていく可能性がある。また、同社では医療機器向けに特殊電源の需要も伸びており、業績回復の条件が整ってきた。実際、12年9月~13年2月期の連結経常損益は増収効果や為替の円安効果で従来予想より赤字幅が半減している。この傾向はさらに強まりそうで、13年8月期は赤字見通しながら14年8月期は黒字化が濃厚、これに付随して0.5倍前後の低PBRも魅力となりそうだ。

プラズマの株価は14時52分現在13万2500円(△3700円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)