トランスシティが反落、前3月期予想の下方修正を嫌気

 日本トランスシティ<9310.T>が反落。1日大引け後に前3月期の通期予想を連結売上高で当初計画の860億円から846億円(前々期実績834億4800万円)、営業利益で33億円から31億円(同40億9800万円)へ下方修正を発表したことが嫌気されている。年明け以降、荷動きの大きな回復が見られなかったことや新規業務の立上げに係る営業費用が予想以上に増加したことが影響しており、業績悪から株価は軟調な展開。

トランスシティの株価は10時2分現在381円(▼8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)