木村化工機が年初来高値、安倍首相の原発輸出外交を好感

 木村化工機<6378.T>が3日続伸、年初来高値を更新した。外遊中の安倍首相がサウジアラビアでサルマン皇太子と会談し、日本の原発輸出を可能にする原子力協定締結に向けて、事務レベルで事前協議を始めることで合意することが報じられたことや、この日の日本経済新聞でトルコのエルドアン首相が4月30日に黒海沿岸シノブの原子力発電所の計画について「日本が建設する」と正式に表明したことが報じられたことから核燃料輸送容器やMOX製造装置などの原発分野で豊富な実績を有する同社が関心を集めている。

木村化工機の株価は10時42分現在425円(△58円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)