タカラバイオが大幅高、iPS細胞研究所への納入で思惑

 タカラバイオ<4974.T>が大幅高、一時16%の上昇で2667円まで買われた。2日付の日本経済新聞が京都大学と東京大学の研究グループが設立したベンチャーがiPS細胞を使って止血剤の生産に乗り出すと報じたが、iPS細胞の作製を受託する同社は、京都大学iPS細胞研究所にiPS細胞の作製に必要なDNAの納入実績があり、今回もビジネスチャンスにつながるとの思惑が物色資金を引き込んでいる。

タカラバイオの株価は10時57分現在2611円(△311円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)