日本製鋼所が反発、海外原発インフラで思惑

 日本製鋼所<5631.T>が商い増勢で反発。2日付の日本経済新聞でトルコのエルドアン首相が黒海沿岸シノブの原子力発電所の計画について「日本が建設する」と表明したことが報じられ、原発関連株の一角に連想買いが働いている。同社は大型鋳鍛鋼で世界屈指、原発向け製品を主力としており、海外インフラ輸出の観点から収益機会拡大の思惑が株価を刺激している。

日本製鋼の株価は11時21分現在514円(△23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)