電算システムが大幅続伸、引き続き1対2株の株式分割と第1四半期の大幅増益を好感

 電算システム<3630.T>が前日のストップ高に続きこの日も大幅高で連日の上場来高値更新。4月30日の取引終了後に、6月30日時点の株主に対して1対2株の株式分割を実施(効力発生日7月1日)すると発表したことを好感。また、同時に発表した第1四半期(1~3月)連結決算で、売上高57億7500万円(前年同期比3.7%増)、経常利益2億8200万円(同84.8%増)と大幅増益となったことも引き続きプラス材料視されている。
 情報処理サービスで郵便局関連の情報処理サービスやガソリンスタンド向け処理などが売上増に貢献したほか、収納代行サービスも新規取引先の獲得が順調に推移したという。なお、13年12月期通期業績予想は売上高253億円(前期比8.3%増)、経常利益10億1000万円(同8.8%増)の従来予想を据え置いている。

電算システムの株価は11時30分現在2496円(△225円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)