<動意株・2日>(前引け)=アドバネクス、木村化、ファーマライズ

 アドバネクス<5998.T>=ストップ高。1日の取引終了後、集計中の13年3月期連結業績について、従来予想の売上高229億円、経常利益2億8000万円を上回り、売上高234億円(前の期比7.1%減)、経常利益5億2000万円(同10.6%増)になりそうだとの上方修正発表を好感。年明け以降の景気回復に伴い、精密ばね事業とプラスチック事業の売り上げが想定を上回った。

 木村化工機<6378.T>=ストップ高。安倍首相がサウジアラビアでサルマン皇太子と会談し、日本の原発輸出を可能にする原子力協定締結に向けて、事務レベルで事前協議を始めることで合意することが報じられたことや、2日の日本経済新聞でトルコのエルドアン首相が4月30日に黒海沿岸シノブの原子力発電所の計画について「日本が建設する」と正式に表明したことが報じられ、核燃料輸送容器やMOX製造装置などの原発分野で豊富な実績を有する同社が関心を集めている。

 ファーマライズホールディングス<2796.OS>=ストップ高。1日引け後にファミリーマート<8028.T>との間で包括的提携を行うと発表しており、これが好感されている。同社が有する薬局に関する専門性と、ファミリーマートの有するコンビニエンスストアに関するノウハウを融合させた新業態を開発・運営するとしており、これによる事業基盤の強化が期待されている。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)