ニチダイが急反落、14年3月期の経常減益見通しを嫌気

 ニチダイ<6467.OS>が急反落。1日引け後に発表の連結決算で、13年3月期は売上高131億5400万円(前の期比5.0%増)、経常利益10億3000万円(同25.0%増)と大幅増益を果たしたものの、続く14年3月期は売上高135億円(前期比2.6%増)、経常利益9億5000万円(同7.9%減)と減益を見込んでいることを嫌気。また、1日に年初来高値580円をつけるなど直近で上昇していたことから、利益確定売りも出ているようだ。
 なお、14年3月期の減益予想は、13年3月期に計上した為替差益1億9000万円が剥落することが主な要因。営業利益段階では、エアコンスクロールコンプレッサー部品の量産本格化などが寄与し10億円(同12.0%増)を見込んでいる。

ニチダイの株価は13時25分現在526円(▼54円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)