シャープCBは高い、主力行の追加出資報道を好感

 シャープ<6753.T>の第20回転換社債型新株予約権付社債(CB)は高い。後場に入り、一時前日比1.60円高の95.20円まで買われている。2日付の日本経済新聞が、「みずほコーポレート銀行と三菱東京UFJ銀行は1000億円規模の追加融資枠を設ける検討に入った」と報じ株価が急伸した流れに乗っている。同CBの発行額は 2000億円で今年9月30日に満期を迎える。転換価格は2531円で転換は進んでおらず、今回の融資はCBの返済原資に充てることなどが目的とされている。CB価格は額面(100円)に接近しており、9月の償還に向けては楽観的な見方が強まっているようだ。

シャープ第20回CBの価格は13時25分現在95.10円(△1.50円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)