CMKの13年3月期、営業利益4.3億円に減額も戻し入れで最終利益は7億円に増額

 日本シイエムケイ<6958.T>は2日、13年3月期通期の連結業績予想の修正を発表した。売上高は従来予想の755億円から726億円に、営業利益は15億円から4億3000万円に減額したが、最終利益は3億円から7億円に増額された。売上高は主要販売先の自動車関連機器向けが堅調だったものの、自動車以外の量産品と試作関連製品が低迷し想定を下回った。また、営業利益も減収に伴い減額を余儀なくされている。ただ、最終利益については株式市場の回復により一部の投資有価証券評価損の戻し入れ益が発生、前回予想を上回った。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)