アマダが13年3月期業績予想を下方修正、営業利益47億円に半減

 アマダ<6113.T>は2日、13年3月期通期の連結業績予想の修正を発表、売上高は従来予想の1930億円から1900億円に、営業利益は92億円から47億円に、最終利益は50億円から41億円にそれぞれ下方修正している。売上高は工作機械部門の需要が想定を下回り小幅ながら未達となった。利益面では減収効果に加え、割賦販売等未実現利益繰延高の増加などの影響が足を引っ張った。営業利益は前の期比で横ばいを見込んでいたが、減額により同48.7%減益となる。なお、期末配当は前回予想の4円(年間では12円)から変更はない。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)